信頼と実績のあるみのり開発に依頼してみよう

円滑に進めるために

積み木

具体的なサポート内容

住宅ローンを長く滞納すると、住宅は抵当権を持つ債権者の手に渡ることになります。その前に自身で住宅を売却し、そのお金で住宅ローンの返済をおこなうことが、任意売却です。任意売却は、債権者が抵当権を実行する前に完了させる必要があるので、多くの人が専門家に相談しています。相談することで、任意売却を円滑に進めていくことが可能となるからです。相談を受けた専門家は、まずは債権者との交渉をおこないます。これにより債権者が、抵当権の実行を待つようになれば、ある程度ゆっくりと任意売却を進めていくことが可能となるのです。時間の余裕ができれば、その分住宅の売却のための宣伝をしっかりとおこなうことができます。すると、高めに買い取る人が見つかる可能性が高くなるのです。そしてこの宣伝や売却手続きも、相談した専門家がおこないます。売買契約や登記登録といった事務手続きも代行してもらえるので、相談した側は賃貸住宅への引越しなど、新生活の準備に専念できるのです。ただし任意売却をおこなうと、賃貸住宅への入居審査で不利になることがあります。この場合も専門家に相談すれば、入居可能となっている賃貸住宅を紹介してもらえます。もちろん地域や家賃や間取りなど、相談者の希望に合う賃貸住宅を探してもらえるのです。また、住宅を売却したお金で住宅ローンを完済できなかった場合には、債務が残ります。その場合は返済を続けることになりますが、専門家はその交渉も債権者に対しておこないます。無理のない返済額に設定してもらえるので、その点でも頼りになると言えるのです。